<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2010年07月11日

新報道2001 教育改革 よかったですね。

関西TVの新報道2001 よかったです。

特に、乙武さんの話が分かりやすかった。

学校で、こどもが成長する機会が奪われていると言う発言。

例えば、バレンタインデーに、小学校にチョコレートを持って行ってはいけない。

理由は、もらえないこどもがいて、傷つくから。

と言うことでした。 

社会では、競争だらけ、子どもの間に耐える力を付けておかないと・・・。

あまりに過保護に扱いすぎだと思います。


一方で、乙武さん曰く、

学校で「私と ことりと すずと」のお話を教えているらしい。

全文を紹介します。

-------------------

私とことりとすずと   金子 みすゞ 作  


私が両手を広げても

お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥は私のように

地面を早くは走れない



私がからだをゆすっても

きれいな音は出ないけど

あの鳴る鈴は私のように

たくさんの唄は知らないよ



鈴と 小鳥と それから私

みんなちがって

みんないい

----------

折角、「みんな違って、みんないい」と教えているのに、

みんなが違うところを、子どもたちに示そうとしない教育。

これでいいのかな? 

可愛そうなのは、こどもたち。

過保護に育てられた子どもが、大人になって過酷な社会に放り出される!

耐えられるはずがない。そう私は考えます。


私は、違うことを知った上で、

お互いが自分を理解し、

それでもお互いを尊敬しあえる、そんな教育を望みます。

まさにスポーツマンシップです。

スポーツマンシップとは、お互いを尊敬しあう、思いやる精神です。

競うのは、試合中だけ、試合が終われば尊敬できる仲間。

お互いが研鑽します。


なぜ、かけっこの競争がいけないのか?

勉強のできる子、運動のできる子、音楽のできる子、

みんな違って、みんないい。

そして、お互いを思いやり、お互いが助け合う。

そう思いませんか。

---------------------

知・徳・体のあるビジネスアスリート育成のためにツイッターはじめました。

http://twitter.com/Business_Athlet

徳のある人間になるためのヒントを呟いています。
よろしければフォローお願いします。



posted by 植田真司 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。