<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2011年07月13日

今のままで良いのか?

便利な世の中になり、我々は本当に幸せなのだろうか?

日々、考えさせられる。

我慢する力、耐える力が、人間から無くなっていくように思える。

人々は、我がままになり、自己中心で、モノを奪い合う。

そんな世の中になっていくような気がする。

教育の問題か?

そんな時、ダライ・ラマ14世の言葉が目に入った。

以下に引用。

------------------------------

「家は大きくなったが、家族は減った。

 どんどん便利になったが、余暇は減った。

 学位は取ったが、感性は鈍った。

 知識は増えたが、判断ができなくなった。

 専門家が増えた分だけ、問題も増えた。

 薬は増えたが、健康だと思う人は減った。

 月まで行って帰ってくるが、向かいの人に会いに行くのに、道を横断するのも大変になった。

 量は増えたが、質は下がった。

 背は高くなったが、気は短くなった。

 大儲けはできたが、人間関係は疎遠になった。

 窓にはたくさんのものが飾ってある時代だが、貯蔵庫は空っぽだ。」

--------------------------------

 やっぱり、気づいているんだ。

 でも、ダライ・ラマ氏でも、この流れを変えることが出来ないんだ。

 私は、何から手を付ければいいのだろうか?

 まず、文明先進国でありながら、被害者である日本人に気づいてもらうことだ。


                  植田 真司

posted by 植田真司 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214543730

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。