<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2011年07月20日

農業もスポーツに!

最近、食糧不足が話題に! 日本のピンチをどのように救うのか?

世界的な食料不足で穀物の価格が高騰しはじめているようだ。原因は、中国やインドなどの新興国が豊かになり始め、食料需要が増えているからだ。中国やインドは、人口もすごいから、輸出に回す穀物が減るのは当然だろう。

日本はのん気だ、食料自給率(カロリーベース)は40%台にとどまり、就業人口の3%に満たない農家が日本の食料を支えている。しかも、農家の高齢化は進んでいる。地方農村部では、2〜3人に1人が75歳以上という超高齢化社会になっいく。50年前は、30%が農家だったのに。

------------
参考資料

総務庁「労働力調査」によると,農業就業人口は以下のようにその構成比を著しく低下させている。
1960年 総就業人口の27%
1975年 総就業人口の11%
1994年 総就業人口の5%
2001年 総就業人口の4%

 日本の農業の抱える大きな問題は,の農業就業者の高齢化や後継者不足である。
-------------

4次産業(情報産業)や5次産業(創造的産業?)とかいってるけど、いくら価値があり、経済力があっても、食べる物が無くては、生きていけないし、

どこの国も、自分達が生きていくために、穀物を作っているんだ。

金で、他国から食料を輸入すればいいという考えは、わがままだと思うな。

穀物が輸入されなくなると、イースター島のようになる。

イースター島は、緑豊かな島だった、食べる物も豊富だった。
しかし、文化が進み、1次産業を忘れ、みんなが石の像をつくり、遊び始めた。
遊びのために、島の緑を切り倒しはじめた。
森が少なくなり、洪水が増え、農地も少なくなり、水不足に悩まされた。
食料は減り、食料の取り合いで戦争し、多くの島民が戦った。
もはや島はあれ、穀物も育たず、少数の島民がかろうじて生きていくのが精一杯となった。

まるで、日本の未来を予測しているようだ。


そこで、提案したのが、
農業や漁業をスポーツのように、楽しく取り組もうという考えだ。

ファッション性のある機能的なユニフォーム。

ルールに基づいた農業オリンピック=収穫や品質の競争。

きっと、そんな時代が来ると私は考えている。

日本のわがままな考えを見直すことだ。

諦めてはいけない、まだまだ日本は立ち直れる。

私はそう信じている。


                 植田真司




posted by 植田真司 at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://jkr27d4.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月29日 17:54

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://8tsmtfz.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月01日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。