<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2007年04月19日

「DIOID」(ディオイド)

「DIOID」(ディオイド)は、2004年7月に、伊藤忠商事株式会社が、株式会社オクタゴン・ジャパン(本社:東京、代表取締役社長:徳島匡)の協力を得て、1988年ソウルオリンピック水泳金メダリストの鈴木大地氏(順天堂大学助教授、同大学水泳部監督)とアドバイザリー契約を締結し、スタートさせたブランドです。

「DIOID」は、美と健康、スポーツを愛する心をテーマとするライフスタイルブランド。ネーミングの「DIO」はDo it ourselvesを、「ID」はIdentityを意味しています。自分の力で泳ぐことをコンセプトに、鈴木大地氏のテーマである、家族のため、健康のため、環境のため、自分らしく力強く生きたいと願う人々に向けて発信していきます。

伊藤忠商事株式会社は、水泳を通じて真のスポーツマンを実践する鈴木大地氏の理念に共鳴し、同氏が提唱する「DIOID」のコンセプトに基づいた商品化に取り組むことになりました。

展開アイテムとしては、スイムウエア、水泳グッズ、アスレチックウエア、カジュアルウエア、サプリメント(栄養補助食品)、スポーツ飲料など、美と健康に関わる様々な業種とのコラボレーションを目指しています。

ライセンスを供与する企業では、株式会社健康体力研究所(サプリメント及びスポーツ飲料)、フットマーク株式会社(スイムウエア)、トップエース株式会社(スクール水着)など、順次ライセンシーを選定し、ブランドコンセプトに基づいた商品企画を進めています。

販売は、百貨店、スポーツ専門店、フィットネスクラブ、及び通信販売、インターネット販売、スクール販売などを中心に展開し、売上げ計画は3年後小売上代ベース10億円を予定。

果たして、3年目になる現在、10億円に達成しているのか気になるところ。
posted by 植田真司 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。